FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■楽々!視力アップ マニュアル(トレーニングキット付)CD-R&完成品トレーニングキット版 

たった90日間で、あなたやあなたのお子さんの視力が簡単にアップするトレーニングキットとマニュアルです。

誰でも楽々簡単にできるように、視力センターの現役インストラクターが、実際に視力センターで行なっているトレーニングをベースに製作しました。

ネットでしか手に入れることができない、本物の『視力アップ・マニュアルとトレーニング・キット』です。

こんな方には絶対オススメ!!

◆視力低下をなんとかしたい人
◆お子さんの近視に悩むお父さんお母さん
◆老眼が始まった40代・50代の方
◆眼精疲労の激しい情報起業家の皆さん



メガネやコンタクトの生涯支出金は50万以上!

視力アップットレーニングで、あなたももっと快適な視生活をおくりましょう。

専門用語だらけの難しいだけの本や、雑誌のオマケのようなトレーニング・ツールではありません。
視力センター『アイトレーニング』が実際に会員さんに行なっているトレーニングメニューとノウハウです。

マニュアルをサクッと読んだら、そのままトレーニングキットでトレーニング!

図解と絵で何をどうやったら良いかすぐにわかります。

眼の健康、視力のことで悩んでいたら、このマニュアルとトレーニングキットは必ずあなたのお役ににたつでしょう。

スポンサーサイト

■理学博士が伝える!2週間で視力が回復する方法! 

あなたも「手術無しでハッキリ物が見えるようになった!」
なんて、嬉しい悲鳴を上げる事が出来るのです。



おもいっきりテレビ・試してガッテンでも紹介された驚愕の視力回復方法をあなたへ!! 視力低下は病気ではありません。 近視・遠視・乱視・老眼・蚊飛症にも効果テキメン!! 本来の視力を取り戻して素敵な人生を送って下さい!

そこで、「視力を回復したい!」と、言う方のために、視力回復のノウハウの集大成、「アイ・ファンタスティック」という特別マニュアルを執筆いたしました。

これは、それこそ死にモノ狂いで試行錯誤しながら、培ってきた視力回復のノウハウを活かし、初心者でも、既に視力回復を始められている方でも、すぐに成果がでるように実践済みのすぐに使えるノウハウを詰め込んだものです。
家庭で出来る視力回復方法から何故視力が回復するのかの構造、目の構造・見える構造についてまで、視力回復に必要なありとあらゆる方法を解説してあるので、あなたが自分の状態に当てはめ、まず何から実践すればいいのか?そしてどの様に視力を回復させていくのかがひと目で分かるはずです!!
この「アイ・ファンタスティック」を学んで、あなたが視力回復をスタートさせると・・・・

1. 何故視力が落ちてしまったのかが理解できる。
2. 本当に効果の出る視力回復方法を知る。
3. 10日後にものが以前より良く見えるようになったのに気が付く。
4. 14日後にはメガネ・コンタクト無しでも裸眼で物が見えるようになる。
5. 一生視力に悩まされる事無く、自分の子供の目も守ることが出来る。

こんな流れで、すばやく確実に視力回復が達成出来ます。

「視力低下に悩まされず、裸眼ではっきりものが見えるようになった!!」
あなたもこんな生活を送りたいと思いませんか?

このマニュアルに従って、順序正しく、視力回復をスタートすれば、あなたも14日後には、信じられない位の視力を手に入れる事ができるでしょう!!

■アイトレーナー&「プロが教える視力アップ成功の秘訣」 

・この方法はセンターなどに通う必要はありません。
・お金も私が知る限り、確実によくなりしかも一番安く済む方法です。
・子供でも自宅で簡単にできることです。

この方法を簡単に紹介すると

1、5つの方法を使って視力低下のを予防する
2、○○運動でピントフリーズを解消する。
3、自分で作れる○○○○を使って両眼視機能を高める。


と言うものです。
そんな簡単なことでいいの?
と思われるかもしれません。

でもこの方法の最も重要なところは、

自分の力で徐々に視力が戻ってくるので、その効果は長続きしやすいということです。



近年のゲーム、PC、ケータイ等の普及により、現代社会は誰もが近視に陥ってしまう生活環境となってしまいました。 今の中高生の半数近くは視力1.0未満となり、その数は年々増加傾向にあるといわれています。 これまでのように目が悪くなれば、眼科に行き目薬をもらい、これといった対処もなく、黒板の字が見にくくなれば眼鏡を処方するといったやり方では、近い将来一億総近視時代が到来してしまうかも知れないと危惧しております。 特に小学生低学年からの眼鏡使用は、0.1以下の重度近視まで進みやすく、緑内障や網膜はく離といった、失明の危険がある重大な眼病になる可能性が高くなってしまいます。 できれば眼鏡はかけさせたくないというのは親心ですが、実際どうすれば視力が回復するのか、眼科医は視力回復を否定する一方、巷には眼にいいサプリや視力回復機器等、眼が良くなると謳った情報も満ち溢れています。一体何を信じていいのか、皆さん混乱されてしまっているのではないでしょうか?  私は2年半の間、視力回復FC アイ・トレーニング視快研小牧で700名以上の会員さんの、視力回復のお手伝いをして参りました。 その間、もう少し早く対処していれば、真性近視まで進まずにすんだお子さんや、正しい知識を身につけていれば、重度近視にならずにすんだお子さんをたくさん見て参りました。 私にも小学生の幼いこどもがいますので、親御さんたちの無念な思いは痛いほど良くわかります。 多くの方が、眼と視力回復に関する正しい知識を身につけることによって、一生の後悔をしなくてすむように、そんな切なる思いでこのE―ブックを書くことにしたのです。 この中には2年半の間、この業務を行いながら得た知識、情報、経験を出し惜しみすることなく書き込んであります。 単なる個人の体験記や一般に出版されている本に書かれているような内容ではありません。  何をやったら効果が出たのか、何をしても効果がなかったのか、様々なタイプの会員さんに試してみた結果や日々の業務から得られた情報です。必ずやお子さんの眼が悪くなってどうしたらいいのか悩んでおられる、皆さんにとってお役に立てる内容だと自負しております。  また、会員さんの7割はお子さんのため、お子さんを念頭に置いて書いてはおりますが、もちろん大人の方にも効果のある内容です。  私自身もそうですが、実は成人してからの視力低下した方は、成長期に視力低下した方に比べて、回復しやすく、回復後も最低下しにくいというデータが出ています。 もう年だから無理だろうなんて諦めたりせずに、是非大人の方も実践していただきたく思います。きっと期待以上の効果を得られることでしょう。 このE-ブックが皆さんの悩みのからの開放の一助になれればと心から願っております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。